巨人 3連敗 M4で足踏み 3戦連続1得点 原監督「硬くなってる」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―2中日 ( 2019年9月19日    ナゴヤD )

8回2死三塁、福田に勝ち越しタイムリーを浴び顔をしかめる沢村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 優勝目前の巨人が、逆転負けで3連敗。優勝マジックは2日連続で「4」のまま足踏みした。原監督は「少々硬くなっているというところがあるかもしれない。リラックスした状態で戦わせる環境を我々もつくる必要がある」と話した。

 小笠原の力強い直球に6回まで3安打。7回から中継ぎ陣に無安打に抑えられた。「真っすぐに力負けしているように見えた」と吉村打撃総合コーチ。丸、岡本、阿部の主軸も無安打で、3試合連続1得点止まりだった。

 明るい材料は坂本勇の2試合ぶり先発復帰。16日に下半身の張りを訴え、前日は135試合目で初めてスタメンを外れた。この日守備練習を再開して、復帰を志願。6回に小笠原から左越えの37号ソロも「負けたから何もない。次は勝てるように野手陣が奮起して頑張る」と言った。

 1年目の07年9月6日の同球場。中日との首位攻防戦の12回2死満塁から原監督に送り出され、18歳は中前へ決勝の2点打を放った。「初ヒットは特別鮮明に覚えている。緊張で頭が真っ白だった」。プロ初安打の地で3試合ぶり本塁打。主将5年目で初優勝へ、懸命な姿を見せた。

 きょう20日から2位・DeNAとの直接対決2連戦。2連勝で最短Vはあす21日だが、原監督は「頭の片隅に置いておけばいいことよ。もっと大事なことはある」と先を見据えた。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月20日のニュース