中日 福田のバットで4位浮上 巨人戦6連勝

[ 2019年9月20日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―1巨人 ( 2019年9月19日    ナゴヤD )

<中・巨>8回裏2死三塁、福田は勝ち越しとなる左越え適時二塁打を放ち、ガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の福田が同点と勝ち越しの2本の適時二塁打で4位浮上に導いた。

 選手会長として今季の巨人最終戦で全打点を挙げ、同カード6連勝に導き「いい流れで回してもらえるので集中した」と充実感に浸った。今季の巨人戦は打率.333、21打点、6本塁打。特にメルセデスには5割と相性が良く「数字的なところも知っているし、感覚的なところも残っている」と自信を深めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月20日のニュース