東邦・石川、履正社・井上らがプロ志望届提出

[ 2019年9月20日 17:36 ]

東邦の石川昂弥内野手
Photo By スポニチ

 高校野球連盟もプロ志望届提出者の一覧を更新、合計89人となった。

 この日公示されたのは、U18ワールドカップで日本代表の4番を務めた高校通算55本塁打の東邦・石川昂弥内野手、第101回全国高校野球選手権で初優勝した高校通算49本塁打の履正社・井上広大外野手、日大三・井上広輝投手、花咲徳栄・韮沢雄也内野手ら。

 また、大学野球連盟もプロ志望届提出者の一覧を更新。新たに九州共立大・石原司外野手らが公示され、合計56人となった。


 提出の締め切りは10月3日で、提出者は10月17日に行われるドラフト会議の指名対象となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月20日のニュース