巨人が徐々にリード広げる 重信が137日ぶり自己最多タイ2号ソロ「はいりましたね」

[ 2019年9月20日 20:12 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2019年9月20日    横浜 )

<D・巨>6回無死、右越えソロを放つ重信(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人の重信慎之介外野手(26)がDeNA戦(横浜)の6回に貴重な追加点となる右越え2号ソロを放った。

 「6番・左翼」で先発出場。4―2と2点リードで迎えた6回、先頭打者として入った第3打席でDeNA2番手・石田との左対左をものともせず、1ボール2ストライクからの5球目、真ん中やや低めの直球を右翼スタンドへ放り込んだ。

 「打ったのはストレート。真芯でした。角度よくあがってくれたので、はいりましたね。いい追加点になったとおもいます!」

 重信は5月6日のDeNA戦(横浜)で右腕・笠井から放って以来137日ぶりとなる自己最多タイの今季2号。プロ4年目で通算4本目の一発が5年ぶりVへ重要な場面での貴重な追加点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月20日のニュース