西武・メヒア、9回代打サヨナラ6号2ラン!「チームを助けることが出来て嬉しい」

[ 2019年9月20日 21:35 ]

パ・リーグ   西武5―3楽天 ( 2019年9月20日    メットライフD )

9回1死一塁、サヨナラ2ランを 放つメヒア(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は9回、代打メヒアの6号2ランでサヨナラ勝ち。3連勝とし、2位のソフトバンクが日本ハムに勝ったため優勝マジックを一つ減らして「4」とした。

 メヒアは、今季6本の本塁打のうち3本が楽天の松井から放っている。「松井投手は素晴らしい投手ですが、自分が打席に立つ時は、相手の投手というよりも自分との闘いだと思って打席に立っています。良い投手でも打ち勝つこともあれば、悪い投手から打ち取られることもあります」と語った上で「難しい試合の中でチームを助けることが出来て嬉しく思います」と殊勲打を振り返った。

 本拠地最終戦ということで、ファンに向けて「長いシーズン中、いつもメットライフドームに足を運んでいただいて、常に僕らのそばで声援してくれてライオンズファンの皆さんには感謝しています」と感謝し、「クライマックスシリーズに向けて、ファンの皆さんも良い準備をして臨んでください」とCSに向けてメッセージを送った。

 最後はお決まりの「メヒアサマサマヤー」で締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月20日のニュース