西武・高木渉 プロ初出場、初打席は二ゴロも「経験できて良かった」

[ 2019年6月6日 22:53 ]

交流戦   西武9―2広島 ( 2019年6月6日    メットライフD )

<西・広>7回、高木渉がプロ初打席も二ゴロに倒れる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ2年目の西武・高木渉がプロ初出場を果たした。

 この日、自身初の1軍昇格。7回1死の場面で代打で登場し、初打席は初球を打って二ゴロだった。

 「緊張しました。打席を経験できて良かった。とりあえず、ファーストまで全力で駆け抜けようと思いました」

 17年の育成ドラフト1位で入団し、18年オフに支配下登録。ファームではチームトップの6本塁打をマークしており、その打撃への期待は大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月6日のニュース