広島・大瀬良リーグトップタイ6勝 4死四球も粘投1失点「割り切った」

[ 2019年6月6日 05:30 ]

交流戦   広島9―1西武 ( 2019年6月5日    メットライフD )

6勝目を挙げた大瀬良(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 苦しいところで踏ん張れるのが、勝てる投手の条件だろう。広島・大瀬良は毎回の被安打6に今季自己ワーストとなる与四死球4で常に塁上を賑わせながらも失点は外崎に許したソロ本塁打による1点のみ。味方の援護に恵まれDeNA・今永に並ぶリーグトップの6勝目を飾った。

 「いいところをファウルにされたり、手を出してほしいところを出してくれなかった。打たれたら仕方ないと割り切った。(決勝打を放った田中)広輔さんが“勝ちを付けられたよ”と言ってくれた。その優しさがうれしかった」

 パ・リーグトップのチーム得点を誇る西武打線を警戒するあまり、自然と球数も増えた。2回に栗山に許した四球は5月2日の阪神戦の3回に糸原に与えて以来、5試合37イニングぶりの与四球。同点の6回は安打と2四死球で2死満塁を招いたが愛斗をカットボールで一飛。最大のピンチを切り抜け、直後の7回に味方が勝ち越した。佐々岡投手コーチも「ここぞで耐えた大地もさすが」と称賛した。

 チームの連敗を2で止める粘投で自身は17、18年に続く5連勝。3年連続で5連勝以上を記録するのは球団では84~86年の北別府以来、33年ぶりとなった。次回登板は12日の日本ハム戦(札幌ドーム)が濃厚で、相手先発はドラフト1位の吉田輝。「盛り上がると思うし、負けるわけにはいかない」。エースのプライドがのぞいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月6日のニュース