×

阪神 9回に追いつかれるも10回に勝ち越し 矢野監督「感動せえへん?」

[ 2019年6月6日 22:23 ]

交流戦   阪神4―3ロッテ ( 2019年6月6日    ZOZOマリン )

<ロ・神> 決勝打の糸井(右)は矢野監督と笑顔でハイタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が交流戦最初のカード勝ち越しを決めた。3―2の9回に守護神・ドリスが清田に右前適時打を許し同点に追いつかれるも、直後の延長10回に勝ち越しに成功した。

 1死からルーキー近本、糸原の連打で一、二塁のチャンスを作り、益田を攻め立てると、3番糸井が一、二塁間を鋭く破った。二塁走者の近本が俊足を飛ばして勝ち越しのホームに生還。最後は島本が3人で締めてプロ初セーブを記録した。

 矢野監督は「感動せえへん? みんな(感動)してくれてる? あの1イニングどんなんかわかる? ホンマ」と興奮気味に勝利を振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2019年6月6日のニュース