西武・十亀、6回まで好投も初黒星 辻監督「行かせてあげたかったが…」

[ 2019年6月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―9広島 ( 2019年6月5日    メットライフD )

7回1死一、二塁、会沢に死球を与えて十亀は降板(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・十亀が7回途中4失点で今季初黒星を喫した。6回までは強力打線相手に2安打と好投したが、同点の7回に攻めの投球が裏目に出て、2四死球を与えるなど1死満塁のピンチを招き降板。救援陣が全ての走者を還し「心中してもらえなかった。信頼を積み重ねていくしかない」と悔しさをにじませた。

 辻監督は交代について「行かせてあげたかったが、(次打者の)田中が合っていたし、1点勝負だったので」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月6日のニュース