疑惑のランニングホームラン判定に審判団が見解「変更に値する確証を得られる映像がなかった」

[ 2019年6月6日 22:09 ]

交流戦   中日4―6ソフトバンク ( 2019年6月6日    ヤフオクD )

<ソ・中>8回2死、右越え三塁打を放った大島は一気に本塁を狙うもアウト(右は高谷)(4)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 中日・大島の疑惑のランニングホームランを巡り、審判団が見解を示した。

 問題のプレーは4―4の8回2死。大島が右翼へ大飛球を放ち、フェンスに当たった打球がグラウンドに大きく跳ね返る間に本塁へ突入した。

 二塁手・明石の返球とクロスプレーとなり、土山球審はアウトの判定。すかさず、与田監督がリクエストを要求した。

 場内に流された映像では大島の手が捕手・高谷のミットをかいくぐり、ホームベースを触れたように見えたが、リプレー検証の結果、判定は覆らずアウトのまま。場内はざわつき、勝ち越し点を逃した中日ベンチは不服の表情を浮かべた。

 試合後、責任審判の小林二塁塁審は当該プレーについて「映像を見て協議し、全員の判断です。(判定が)変更に値する確証を得られる映像がなかった」と説明。

 リプレー検証に時間を要した理由については「映像が中々、出てこなかったための待ち時間」とした。
 

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月6日のニュース