ロッテ、アジャ弾で交流戦初勝利 死球に怒り「許さないぞという気持ち」

[ 2019年6月6日 05:30 ]

交流戦   ロッテ5―4阪神 ( 2019年6月5日    ZOZOマリン )

3回無死一塁、井上は左越え2ランを放つ(投手・青柳)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ロッテは4番の井上が交流戦初勝利に貢献した。2―1の3回に青柳から左翼中段へ11号2ラン。初回の第1打席では、左ふくらはぎに死球を受けており「死球は許さないぞ、という気持ちでした」と怒りのパワーをぶつけた。

 5回にも同じ箇所に死球を受け、続くレアードの左越え二塁打で生還した。「何が何でも点を取ってやるぞ」と気合の激走だった。DHは10試合目で7本塁打と好結果が出ているが、井口監督は「甘やかさないですよ」と一塁との併用策は変えないとした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月6日のニュース