花巻東・佐々木監督も祝福「雄星の思い、お父さまに届いてほしい。最高の星が白星」

[ 2019年4月22日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ6―5エンゼルス ( 2019年4月20日    アナハイム )

花巻東時代の菊池(左)。右は佐々木監督
Photo By スポニチ

 花巻東(岩手)の佐々木洋監督が、マリナーズの菊池のメジャー初勝利を祝福した。3月に亡くなった雄治さんは幼少期の息子を何度もプラネタリウムに連れて行ったといい「雄星の思い、お父さまに届いてほしい。最高の星が白星。お父さまは本当に喜んでいると思います」。同じ教え子の大谷が所属するエンゼルス戦での初勝利に縁を感じつつ「お父さまは北極星となって、雄星の道しるべになるでしょう。これから、勝ち星を重ねてほしい」とエールを送った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース