ソフトB逆転勝ち!ルーキー泉、好救援でプロ初勝利 オリックスは3連敗

[ 2019年4月22日 21:13 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―1オリックス ( 2019年4月22日    東京D )

<ソ・オ>お立ち台で内川(左)と笑顔を見せる泉 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが逆転勝ちで2連勝。1―1の7回、先頭の内川が左越えへ2号ソロを放って勝ち越しに成功した。6回途中から2番手で登板し、2回1安打無失点のドラフト6位ルーキー泉がプロ初勝利を挙げた。

 ソフトバンクは1点を先行された直後の6回裏、川島の死球から2死二塁とし、松田宣の右中間への適時二塁打で試合を振り出しに。7回に内川のソロで勝ち越すと、8回にはデスパイネの左前適時打でリードを2点に広げた。

 先発・東浜は5回0/3を4安打1失点で降板。無死一、二塁のピンチでマウンドに上がった2番手の泉は、メネセスに適時二塁打を許したものの後続を断って最少失点で切り抜けた。8回は甲斐野が三者凡退に抑えると、9回は守護神・森が締めて逃げ切った。

 オリックスは3連敗で、借金は今季最多タイの4。先発のアルバースは6回3安打1失点の好投も勝利につながらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月22日のニュース