DeNA・浜口 右足は「徐々によくなっている」 17日に打球直撃、2軍施設でランニング

[ 2019年4月22日 18:56 ]

ランニングをするDeNA・浜口
Photo By スポニチ

 17日の中日戦(ナゴヤドーム)で打球を右ふくらはぎに受けて出場選手登録を抹消されているDeNA・浜口遥大投手が22日、横須賀市内の2軍施設でランニングなどを行った。

 患部は腫れもほぼ引いて「痛みは大丈夫です。徐々によくなっているので、ぶり返さないようにやっていきます」と明るい表情で汗を流した。三浦投手コーチも「よくなっている。顔色がよかったし元気そう」と安心した様子。浜口は今季、3試合に先発して1勝1敗も防御率1・71。4月10日の阪神戦(甲子園)では1安打完封勝利を飾るなど、安定した投球を見せていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月22日のニュース