オリ松葉 2回危険球で退場…「早い回で降りて迷惑を掛けてしまった」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3-7楽天 ( 2019年4月21日    楽天生命パーク宮城 )

力投する松葉(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 勝てば最下位脱出の可能性もあったオリックスだが、先発の松葉が危険球退場となり、1回1/3で降板。緊急登板となった荒西は2回2死から嶋に先制2ランを許し、3回にも4四球などで2失点。3番手の比嘉も流れを止められず3安打2失点で2人そろっての2軍降格が決まった。

 西村監督は「あんなところで先発がマウンドを下りると、後ろの投手にしわ寄せが来る」と苦言。19球で終わった松葉は22日のソフトバンク戦で中継ぎ待機させる。松葉は「相手にもチームにも迷惑を掛けてしまった」と反省するしかなかった。

 西浦を初めて2番から9番に下げるなど打順を大幅に入れ替えたが不発。やりくりの続く指揮官は「どれが一番機能する打線か考えないといけない」と頭を悩ませていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース