西武 平成ラスト本拠で大敗…光成4回6失点「バタバタしてしまった」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5-16ソフトバンク ( 2019年4月21日    メットライフD )

4回1死一、三塁、周東のとき暴投で6点目を失った高橋光(左)は呆然と立ちすくむ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 西武は平成最後の本拠地で今季ワーストとなる16失点で大敗した。

 先発・高橋光は試合をつくれず、4回6失点で降板。3回に甲斐のソロで先制を許すと、4回には4安打に四球、暴投も絡んで、一挙5失点。「バタバタしてしまった。自分自身で苦しくしてしまったので、もったいなかった」とうつむいた。2番手・高木勇も1回5失点など救援3投手で10失点。辻監督は「平成最後がこんな感じじゃね。今は耐える時。前を向くしかない」と言葉を絞り出した。

 ▼西武山野辺(プロ初出場で押し出し死球)プロの球を見ることができてよかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース