ヤクルト高梨 最短2回KOに小川監督「気の毒なところもあったが…」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5-7中日 ( 2019年4月21日    ナゴヤD )

力投する先発の高梨(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高梨が2回5失点で2敗目を喫し、チームは首位から陥落した。初回1死二、三塁からビシエドに内角の132キロフォークを左前に運ばれて2点を先制された。

 「実力不足。カウントを悪くしてしまった。申し訳ない」と肩を落とした。先発した試合では自己最短KO。小川監督は「記録に残らないところで守備でも足を引っ張ってしまった。気の毒なところもあったが、序盤で点を取られすぎた」と振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース