雄星の“メモリアル1勝”、日本人投手の白星は通算37人目

[ 2019年4月22日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ6―5エンゼルス ( 2019年4月20日    アナハイム )

メジャー初勝利を挙げた菊池の連続合成写真
Photo By 共同

 【雄星 メジャー1勝アラカルト】

 ★歴代最多被安打の初勝利 日本投手の初勝利試合被安打10は歴代最多。12年4月9日マリナーズ戦でのダルビッシュ(当時レンジャーズ、現カブス)が被安打8(5失点)が最多だった。

 ★2番目に遅い初勝利 日本投手で最も遅い先発初勝利は、95年野茂英雄(ドジャース)のデビュー7戦目。菊池の6戦目はこれに次ぐ遅さ。

 ★先発左腕1403日ぶり白星 日本の先発左腕の白星は15年6月17日の和田毅(カブス、現ソフトバンク)がインディアンス戦で記録して以来、1403日ぶり。通算最多勝利は石井一久(ドジャースなど)の39で、他には高橋尚成、井川慶が先発で勝利。

 ★37人目の勝利投手 日本投手の白星は64年の村上雅則(ジャイアンツ)に始まり、菊池が通算37人目。この白星で通算874勝目となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース