輝星 初の無四球に満足 直球も最速147キロ 2軍戦で3回1失点

[ 2019年4月22日 05:30 ]

イースタン・リーグ   日本ハム0―2ヤクルト ( 2019年4月20日    戸田 )

<ヤ・日>3回1失点に抑えた先発の吉田輝(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝がイースタン・リーグのヤクルト戦(戸田)に先発し、3回5安打1失点だった。公式戦5度目の登板で初の無四死球。直球の最速は147キロで、「四球を出さないことと、直球で押すことが目標だったので良かった」と言った。荒木2軍監督兼投手コーチも「落ち着きが出てきた」と評価。29日のDeNA戦に先発し、段階を進めて4イニング以上を投げる可能性も出てきた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月22日のニュース