阪神・谷本球団本部長 巨人・ビヤヌエバのプレー意見書提出へ

[ 2019年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-3巨人 ( 2019年4月21日    甲子園 )

3連勝した巨人の前でがっくりの矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の谷本修球団本部長は4回の一連のプレーについて意見書を提出する方針を示した。

 無死一塁から岡本の遊ゴロで一塁走者だったビヤヌエバが二塁へスライディング後に両手を広げてセーフをアピールした動きが糸原の一塁送球を妨害したようにも見え、「非常に微妙な判定。邪魔になったのは間違いない」と指摘した。

 ビヤヌエバは9日の中日戦でも6回1死二塁からの遊ゴロで二塁へスライディングしてアウト。接触した二塁手の堂上が一塁へ転送できず守備妨害で打者走者もアウトになり、警告も受けた。今季から二塁などへの危険なスライディングもリクエスト適用となり、この時は中日・与田監督のリクエストが実った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月22日のニュース