マエケン 9日マリナーズ戦で登板へ イチローと対戦も

[ 2019年3月5日 16:52 ]

 ドジャースの前田健太投手(30)は中5日で、9日(日本時間10日)の本拠グレンデールでのマリナーズ戦に投げる方針であることが分かった。マリナーズ・イチロー外野手(45)と対戦する可能性も出てきた。

 前日3日はレンジャーズ戦に先発し、2回2安打3失点だった。登板一夜明けのこの日は、ルーティン通り軽めのメニュー。キャッチボールや打撃練習などで汗を流した。5日(日本時間6日)は今キャンプ初の全体休養日となる。

 左肩痛を訴えているエースのクレイトン・カーショー投手は、28日(同29日)の開幕に間に合わない可能性が出てきた。デーブ・ロバーツ監督はその可能性を否定せず、その上で「大切なのは、彼は正しい方向へ向かっているということ。そして先発投手はカーショーが準備できるまで、何とかやれる厚みが十分にある」と話した。

 開幕直後の先発ローテーションは、ウォーカー・ビューラー、リッチ・ヒル、柳賢振(リュ・ヒョンジン)、前田、ロス・ストリップリングの5人になりそうだ。(グレンデール・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース