巨人・原監督、広島戦前に投手陣へ「一番いけないのは逃げること」

[ 2019年3月5日 05:30 ]

オープン戦   巨人―広島 ( 2019年3月5日    マツダ )

巨人・原監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督が試合前のシートノックについて言及。ナイター後のデーゲームだった3日のヤクルト戦では行わず「ゲームに集中するため、あえてやってみようと。いかにプレーボールに対してベストを出すか」と意図を説明した。前後で着替えを行うなどの慌ただしさを解消する目的もあり「スターティングメンバー以外がやるとか、それは臨機応変に」と対応する。

 また、広島戦に向け、投手陣に「一番いけないのは逃げること。攻める、試す、その2つが必要」と掲げた。「力のある3連覇しているチームですから。観察する必要は強い」と投打の戦力分析も進める。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース