ロッテ藤原、中堅起用へ 井口監督が超英才教育「固定でいきます」

[ 2019年3月5日 05:30 ]

ロッテのドラフト1位・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテの井口監督が、ドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)に「超英才教育」で経験を積ませる。6日の日本ハム戦(鎌ケ谷)で中堅レギュラー・荻野が合流するが、右翼または左翼で起用する意向だ。

 オープン戦で2試合連続スタメン起用し、2試合連続安打で応えたルーキーについて、「藤原はセンター固定でいきます。それ以外はいろいろなパターンがありますよ」と明かした。9日の中日戦(ZOZOマリン)では角中も合流予定。岡、遊撃と外野の両にらみの平沢も含め、外野争いはし烈だが、藤原だけは中堅で育てる。

 5日は、東洋大との2軍練習試合に出場させる。昨季の安田はイースタン・リーグ開幕と同時に2軍調整を命じた。今後の結果が悪ければ、オープン戦途中の2軍降格も考えるが「しっかり打ってくれれば」とそれ以上の期待もある。開幕まで1カ月を切った。65年山崎裕之以来、球団54年ぶりの高卒新人開幕スタメンの夢は残されている。(福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月5日のニュース