西武・山川、今季初アーチは満塁弾!新パフォーマンス「どすこいポーズ」披露

[ 2019年3月5日 20:24 ]

6回2死満塁、満塁本塁打を放った山川は笑顔で“どすこいポーズ”(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武の山川穂高(27)が、5日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦に「4番・一塁」で先発し、6回に今季初アーチとなる左越えへの満塁本塁打を放った。

 山川は、4点リードで迎えた6回2死満塁で迎えた第3打席で、カウント2―1からの4球目を左翼席へ運んだ。今季初アーチが満塁本塁打となり、ダイヤモンドを1周してベンチに戻ってくると今季からの四股を踏む新パフォーマンス「どすこいポーズ」を披露した。

 「(打ったのは)スライダーです。打ててよかったです!」と山川は今季初アーチを興奮ぎみにコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース