巨人・岡本、広角打法継続だ「ちゃんと振れている証拠」

[ 2019年3月5日 05:30 ]

オープン戦   巨人―広島 ( 2019年3月5日    マツダ )

広島に到着した岡本(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人は丸に続き、岡本らも広島入りした。22歳の4番打者は、昨季マツダスタジアムの12試合で3本塁打をマークしている。

 2日のヤクルト戦では右翼席に「プロ初」のサヨナラ弾となるオープン戦1号。「右方向にああいう打球が行くのは、ちゃんと振れている証拠」と広角に打ち分ける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース