マー君「ピッチクロック」経験 本音は「公式戦でやりたくない」

[ 2019年3月5日 02:30 ]

オープン戦   ヤンキース7―1タイガース ( 2019年3月3日    タンパ )

<ヤンキース・タイガース>登板後、記者の質問に笑顔で答える田中
Photo By 共同

 ヤンキースの田中は大リーグがオープン戦で試験的に実施中の、投球間の時間を計測する「ピッチクロック」を経験した。

 すでに昨年までのマイナー戦でのリハビリ登板でも体験しており、20秒の制限を超えず影響はなかったそうだが、かねて導入には積極的ではない。「本当に大事な試合、公式戦ではやりたくない」と本音を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース