日本ハム清宮、手術無事終了 ゲーム復帰まで3カ月

[ 2019年3月5日 17:02 ]

日本ハムの清宮幸太郎内野手
Photo By スポニチ

 日本ハムは5日、清宮幸太郎内野手(19)が右手有鈎(ゆうこう)骨骨片摘出手術を受け、無事に終了したと報告した。ゲーム復帰まで全治3カ月の見通し。

 退院後は自宅静養と通院治療を経て、12日から千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリを開始する予定。

 清宮は3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の9回にファウルを打った際に右手首を痛めて負傷交代。9、10日にメキシコ代表との強化試合(京セラドーム)を行う侍ジャパンにも初選出されていたが、無念の辞退となっていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月5日のニュース