広島ドラ1小園 本拠地デビュー戦初ヒットは足で奪った内野安打

[ 2019年3月5日 15:54 ]

オープン戦   広島―巨人 ( 2019年3月5日    マツダスタジアム )

<オープン戦 広・巨>8回、捕手前内野安打で一塁に駆け込む小園(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)は5日、巨人とのオープン戦で本拠地デビューを果たした。

 2点リードの5回に田中との交代で遊撃の守備につくと、2死二塁の場面で巨人・坂本の遊撃への打球を軽快にさばいて見せた。

 打撃では、5回2死で迎えた第1打席では中飛に倒れるも、8回1死での第2打席は捕前内野安打で出塁、“本拠地初ヒット”を足で奪い取った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース