マー君、決め球の被打率年々上昇 他球団がスプリット研究

[ 2019年3月5日 02:30 ]

オープン戦   ヤンキース7―1タイガース ( 2019年3月3日    タンパ )

<ヤンキース・タイガース>田中の決め球スプリットを他球団も年々研究してきた
Photo By 共同

 ヤンキースの田中は1年目からスプリットを決め球としてきたが、年々被打率は上がってきている。14年の被打率・174に対し、17年は同・225、18年は・210と研究され、対応されてきている。

 カーブはこれまで投球割合が少なく、カウント球として1試合に5〜8球投げる程度。決め球には用いてこなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース