西武・内海 開幕絶望?軽度の左浅指屈筋肉離れ、明日から2軍合流

[ 2019年3月5日 16:12 ]

西武・内海哲也投手
Photo By スポニチ

 西武は5日、内海哲也投手(36)が前日4日に都内の病院で検査を受けて左浅指屈筋(せんしくっきん)の軽度の肉離れと診断されたと発表した。明日6日からはB班(2軍)に合流する。

 開幕には間に合わない見込みで、小野投手コーチは「(開幕は)いないものと考える」と語った。

 また、A班(1軍)残留練習に参加している多和田真三郎投手(25)は、この日都内の病院で検査を受け、扁桃炎による発熱と診断。明日以降の練習参加に関しては状態をみて決定するとした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース