楽天・則本、開幕アウト 首寝違え2軍調整 コンディション上がらず

[ 2019年3月5日 05:30 ]

楽天・則本
Photo By スポニチ

 楽天・則本昂大投手(28)が、コンディション不良のため29日のロッテ開幕戦(ZOZOマリン)で先発することが絶望的なことが4日、分かった。開幕投手の最有力候補だったが、今後は2軍で調整する。

 2月23日に首を寝違え、同日のオープン戦・巨人戦(沖縄セルラー)を登板回避。同26日からの台湾遠征を取りやめ、仙台で検査を受け別メニュー調整していた。1軍本隊はこの日、本拠地で練習を再開させ、則本昂は平石監督と話し合いの場を持った。球団スタッフは「特定の箇所の異常は見受けられなかったが、コンディションが上がらず、今後は2軍で調整することが決まった」と説明した。

 7年目の今季は「プロ入り後、今までで一番状態がいい」と話し、キャンプ序盤から快調に飛ばしていた。首脳陣は8日からの倉敷での3連戦を含め、実戦3試合ほどの登板を開幕へのメドとしていたが、その倉敷での登板も消えた。大幅な軌道修正は避けられず、復帰時期は現時点で不透明。開幕投手は岸や経験豊富な美馬らを軸に再検討する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月5日のニュース