DeNA石田、清宮への初球を反省「球威がない」

[ 2019年3月3日 05:30 ]

オープン戦   DeNA1―6日本ハム ( 2019年3月2日    札幌D )

DeNA・石田は4回2失点(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNAは先発した石田が4回4安打2失点。4回1死二塁から清宮に初球の直球を右翼席へと運ばれ「球威がないからファウルにならない。もう一つ、二つ、ボールにしないといけない球だった」と反省した。

 それでもカーブを有効に使いながら3回まで無失点投球と開幕に向けて調子を上げており「足りない部分はあるが、悪いところはイニングごとに修正できている」と収穫を手にした。チームは今季の対外試合8試合目で初黒星を喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月3日のニュース