巨人・岡本、清原以来のオープン戦サヨナラ弾 4番では王以来43年ぶり

[ 2019年3月3日 07:27 ]

オープン戦   巨人5―4ヤクルト ( 2019年3月2日    東京D )

岡本(25)は右越え逆転サヨナラ2ランを放ち菅野(中央奥)、丸(右から2人目)らナインの手荒い祝福を受ける(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 先発4番の岡本(巨)が逆転サヨナラ2ラン。オープン戦のサヨナラ本塁打は巨人では98年3月18日阪神戦で清原(3番)が放って以来21年ぶり。

 4番打者では76年3月25日阪神戦(ダブルヘッダー第2試合)で王が記録して以来43年ぶりだ。なお、岡本は公式戦でサヨナラ弾はまだない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース