引退試合の中日・荒木コーチ 現役最終打席は三ゴロ 場内から拍手

[ 2019年3月3日 14:12 ]

オープン戦   中日―ロッテ ( 2019年3月3日    ナゴヤD )

荒木雅博コーチ
Photo By スポニチ

 引退試合の中日・荒木コーチ 昨季引退した中日の荒木雅博2軍内野守備走塁コーチ(41)が3日、引退試合に臨んだ。育成選手として再契約し、ロッテとのオープン戦に出場。初回に迎えた現役最終打席は三ゴロに倒れたが、球場内は大きな拍手に包まれた。

 1日に中日と育成選手契約を結んだ荒木コーチは「2番・DH」で先発出場。1ボールからの2球目を積極的にスイング。三ゴロに倒れたが、観客からは温かい拍手が送られた。

 前日2日には同じく昨季限りで現役を引退した岩瀬仁紀氏(44)が同ロッテ戦に先発し、打者・井上を伝家の宝刀スライダーで空振り三振に仕留めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース