DeNA山崎は仕上がり万全 わずか9球で三者凡退

[ 2019年3月3日 18:47 ]

オープン戦   日本ハム0―0DeNA ( 2019年3月3日    札幌ドーム )

<日・De>5回に登板した山崎康(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNA・山崎康晃投手が万全の仕上がりを披露した。5回から2番手で登板すると、わずか9球で三者凡退。2死から左打者の西川を迎えると、カットボールを2球投じ「ここまでケガなくきているし、試したいこともできている。順調に来ています」と頬を緩めた。

 9、10日にメキシコ戦を控える侍ジャパンのメンバーにも選出されている守護神。「日本の代表としてユニホームを着るので、それに恥じないプレーをしたい。個人としても力を出したいし、日本のレベルの高さも示したいと思います」と頼もしかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月3日のニュース