ヤクルト村上1号 同い年・清宮に刺激「負けられない」

[ 2019年3月3日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト4―5巨人 ( 2019年3月2日    東京D )

7回2死二塁、村上が左越え2ランを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 2点を追う7回2死二塁。ヤクルト・村上のバットが、フルカウントから鍬原の外角低めシンカーをすくい上げた。「追い込まれていたので必死でボールに食らいついた」。打球は左翼席に飛び込むオープン戦1号の同点2ランとなった。

 春季キャンプから実戦と練習漬けの毎日を送ってきた。2月23日の阪神戦では打球が右膝を直撃したが、翌24日の楽天戦も「6番・三塁」でスタメン出場。三塁守備強化を課題に厳しい環境の中でもまれ続ける。

 同じ日に同じプロ2年目の日本ハム・清宮も同じ左投手から「1号」。初選出の侍ジャパンでは同僚となるが、村上は「凄くいい刺激をもらっている。負けられない気持ちでやっている」と、同い年のライバルを強く意識していた。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース