広島・長野、内海に脱帽「いいボール」地元・佐賀凱旋も悔し

[ 2019年3月3日 05:30 ]

オープン戦   広島6―1西武 ( 2019年3月2日    佐賀 )

2回2死、内海(左)に三ゴロに打ち取られた長野(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 広島・長野は巨人時代の先輩に脱帽した。「いいボールだね。最後はチェンジアップだと思ったけど…」。内海の得意球を予想した読みは外れ、三ゴロに打ち取られた。4球の勝負を終え、すがすがしい表情を見せた。

 日南1次キャンプが休日だった2月8日には距離が近い西武の南郷キャンプを訪問。投球練習を見守り、「打てそうだなと思いました」と冗談交じりに健闘を誓い合った。絆は移籍しても変わらない。

 地元の佐賀凱旋。DHでの出場で、第1打席は試合開始後のグラウンド初登場だ。それが内海との注目対決と重なり、ファンから大きな拍手で迎えられた。2番手の田村と対した5回は遊ゴロ。2打席で終えた。次の内海との再会は6月の交流戦か。刺激を得て故郷を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース