ヤクルト山田哲 右方向へオープン戦1号「うまく合わせることができた」

[ 2019年3月3日 15:49 ]

オープン戦   ヤクルト―巨人 ( 2019年3月3日    東京ドーム )

<巨・ヤ>3回1死、山田が右越えにホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲がオープン戦1号を放った。

 3回1死の場面で、巨人・メルセデスの外角低めの140キロの直球を逆らわず右方向へ。オープン戦4試合、8打席目での一発に「少し振り遅れたと思ったけど、うまく合わせることができた」と振り返った。

 昨季はシーズン34本塁打のうち、右方向へはわずか3本。今季は「40本塁打&40盗塁」を目指しており、右方向への一発が増えれば目標はグッと近づく。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース