日本ハムがメジャー流シフト 筒香打席時に三塁がら空き

[ 2019年3月3日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム6―1DeNA ( 2019年3月2日    札幌D )

 日本ハムは4回先頭で4番・筒香を迎えた際、三塁手の近藤が二塁ベース後方を守る大リーグ流の守備隊形を敷いた。遊撃・中島、二塁・田中賢も右翼寄りにシフトし、その間に近藤が入った形。三塁ががら空きとなる中、有原が空振り三振に仕留めた。

 栗山監督は「打球が飛びそうなところに守っている。選手が野球を考えるいいきっかけになると思う」と説明。相手打者を幻惑する効果もあり「相手打者がどう考えるか。143試合のうち一つでも多く勝てるように考える」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース