中日・荒木コーチ「本当に幸せの一言です」 試合前にはナインらと練習

[ 2019年3月3日 14:37 ]

荒木雅博コーチ
Photo By スポニチ

 中日の荒木雅博2軍内野守備走塁コーチが3日のロッテ戦で引退試合を行った。

 首脳陣からは守りに就くことを提案されたが「オープン戦の大事な時期なので」と遠慮し、「2番・DH」でスタメンに名を連ねた。それでも試合前には「僕の習慣なのでシートノックだけは入らせてください」と二塁の守備に就き、ナインらとともに練習を行った。

 1回裏に訪れた打席は、初球、有吉の135キロを見逃すと「ストライク気味のを(球審が)ボールと言ってくれた感覚があったので、申し訳なくて慌てて打ちました」と2球を振り、三ゴロ。

 一塁ベースまで駆け抜けると、球場中から大きな拍手と荒木コールを送られ「本当に幸せの一言です」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース