中日・笠原が好投 開幕投手筆頭候補に 緩急使い3回2/3無失点

[ 2019年3月3日 05:30 ]

オープン戦   中日1―3ロッテ ( 2019年3月2日    ナゴヤD )

力投する笠原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の笠原が3回2/3を2安打無失点と好投。直球で内角を突き、カーブ、チェンジアップで緩急を駆使した投球を見せ「ストライクゾーンで勝負でき、抑えることができた」とうなずいた。

 4回2死二塁では平沢を内角141キロ直球で見逃し三振でピンチを切り抜け「あれを続けていけば、成績も上がってくる」と納得の表情を浮かべた。

 与田監督は開幕投手を明言していないが、昨季チーム2位タイの6勝を挙げた左腕は筆頭候補。この日の好投に指揮官も「良い状態になっていけば候補は近づいてくる」とうなずいた。笠原は「監督が決めること。自分は結果を残し続けるだけ」と至って冷静だが、自身初の大役に向け、一歩前進した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月3日のニュース