マー君 マイナー選手に20球 ヒット性1本のみも「まだまだ」

[ 2019年2月20日 02:30 ]

ヤンキース・春季キャンプ ( 2019年2月18日 )

打者を相手に投げるヤンキース・田中
Photo By 共同

 ヤンキースの田中はマイナー選手を相手に投げて調整した。左右の打席に交互に立った相手に5球ずつ、計20球。球種を打者に伝えながらの投球で、5スイングのうち安打性は1本だったが「まだまだ打者が立って勝負するレベルではない」と自己評価は厳しい。

 自らのペースで投げ込みを重ねた1年前より、対打者への投球に移るのは約1週間も早い。「早い段階でそういう形に入っていって、いろいろと修正を重ねていけたらいい」と先を見据えた。(タンパ)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース