広島ドラ1小園 藤原との対決お預けも…交流戦まで1軍生き残る

[ 2019年2月20日 05:30 ]

練習試合   広島―ロッテ(降雨中止) ( 2019年2月19日    コザしんきん )

打撃練習する広島・小園(撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 広島は19日、ロッテとの練習試合が雨天中止となり、ドラフト1位の小園(報徳学園)とロッテ・藤原(大阪桐蔭)との直接対決は実現しなかった。ロッテ戦は6月18日からの交流戦3連戦(マツダスタジアム)までお預け。それでも互いに1軍に生き残っていれば待望の初競演がかなうだけに、小園にとって新たな目標となった。

 「初めての対戦なので、出たかったですけど…。(交流戦で)1軍に入れるように頑張ります」

 藤原とは中学時代に「枚方ボーイズ」でチームメートだった。高校時代には、大阪桐蔭と3度の練習試合が組まれていたものの、雨天中止などで1度も対戦できなかった。この日は、お互いに「頑張れよ」と会話した程度。藤原は「1番・中堅」で出場が発表されていた一方で、小園はベンチスタートだった。「僕は先発で出られる力もない」。降雨中止が決まると、室内練習場で山田内野守備走塁コーチとマンツーマンで約30分間の特守を行った。

 小園の守備力を高く評価する同コーチは、元同僚で計5度のゴールデングラブ賞を獲得した立浪和義氏を引き合いに出した。「新人のときのタツ(立浪)と一緒にプレーしたけど、それに匹敵する」。同氏は高卒1年目で新人王と遊撃でのゴールデングラブ賞を受賞。同じ高卒のドラフト1位で左打ち遊撃手の小園が、球史に名を刻む新人に劣っていないとなれば期待はさらに膨らむ。

 春季キャンプ第4クールを終えて、緒方監督から「小園はいいものを見せてくれている」と再評価された。21日の阪神戦との練習試合では途中出場を予定。まずは本格的に始まった実戦テストで、破格の潜在能力を証明したい。(河合 洋介)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース