輝星 キャンプ最多73球、制球乱れる場面も 22日シート登板

[ 2019年2月20日 05:30 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月19日 )

ブルペンで今季最多73球を投げた日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が2軍の国頭で今キャンプ最多の73球を投げ込んだ。ブルペンに入り、16日の紅白戦でグラブをはめた左手が開き、右肘も体から離れていた反省を念頭に置いて投げ込みを行った。

 投球フォームが安定せず、制球が乱れる場面もあった。22日にはシート打撃登板が予定されており、「納得するフォームで投げられるようにやっていきたい」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース