巨人クック フリー打撃で全球種披露「前回より力強く投げられた」

[ 2019年2月20日 20:23 ]

<巨人沖縄キャンプ>フリーバッティングに登板したクック(左)は元DeNAのウィーランドと談笑する(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のライアン・クック投手(31)が20日、今キャンプ2度目のフリー打撃に登板した。

 吉川尚と小林を相手に31球を投げ、安打性の当たりは6本。前回16日と同様、チェンジアップ、スライダー、ツーシームの全球種を投げ、「前回より力強く投げられた」と手応えを口にした。

 この日練習試合を行った韓国・KIAのジョー・ウィーランド投手(29、元DeNA)とは親交があり、13日にも食事。「日本の生活のこととかを教わった」と明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月20日のニュース