マチャドがパドレスと合意 10年総額333億円で合意 米国FA選手で史上最高額

[ 2019年2月20日 10:19 ]

 米大リーグのパドレスがマニー・マチャド内野手と10年総額3億ドル(約333億円)の契約で合意したと、球団公式サイトが19日に報じた。アレックス・ロドリゲスが2007年にヤンキースと結んだ10年2億7500万ドルを上回り、フリーエージェント(FA)選手の契約としては米国スポーツ史上最高額とみられる。

 マチャドは強打の内野手で、12年にオリオールズでメジャーデビューし、18年シーズン途中に移籍したドジャースからFAになっていた。26歳と若く、三塁と遊撃を守れて通算175本塁打を放っており、移籍市場の目玉になっていた。

 マチャドとの合意報道について、パドレスのプレラー・ゼネラルマネジャーは「必要な時に必要な選手を獲得する。今の時点で話せることはない」と明言を避けた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース