田沢 米11年目に苦笑「年を取った」 初ブルペンで33球「変化球はまだ」

[ 2019年2月20日 08:49 ]

合流後初の投球練習を行い、捕手らと話すカブスとマイナー契約の田沢(中央)(撮影・奥田秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 カブスとマイナー契約を結んでいる田沢が19日(日本時間20日)、今キャンプで初のブルペン投球に臨んだ。

 ビザ取得手続きのため、合流したのは前日。33球を投げ「真っすぐは意外に低めの球がいっていた。そこはよかった。変化球は抜ける球があって、まだまだ」と振り返った。

 米11年目を迎える右腕は「年を取った」と笑い「僕もそこまでできると思って来たわけではない。まだ野球ができているのは、いいこと。引き続き頑張りたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース