東京五輪期間中の練習試合で「観客あり」も検討へ パ理事会で意見「柔軟に」

[ 2019年2月20日 19:36 ]

 セ、パ両リーグの理事会が20日、那覇市内のホテルで行われた。

 パの理事会では、20年東京五輪期間中にシーズンを中断した際、12球団が行う練習試合について話し合った。

 中断期間中に行う練習試合は、現時点では「無観客」となる見込み。一方でパでは「無観客か観客ありか、無料か有料かを主催球団が選べるよう、柔軟にした方がいい」との意見が出ているという。

 試合を主催するのは五輪開催の影響がない、関東近郊を除いた楽天、オリックス、ソフトバンクなどが有力だという。楽天・井上智治オーナー代行は「ちょうど夏休みなので、(仙台の)地域の子どもを招待するなど、(無観客ではなく)地域貢献を考えたい」との考えを示した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月20日のニュース