大谷、ユニホーム姿を披露 写真撮影は打者のみ サンタ帽子に「時季外れ過ぎ」

[ 2019年2月20日 10:08 ]

<エンゼルスキャンプ>フォトデーでリクエストに応えサンタ帽を被る大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷は19日、キャンプ恒例の写真撮影日で初めて背番号17のユニホーム姿を披露した。昨年10月に右肘手術を受け、打者に専念する今季はグラブを持たずにバットのカットだけで「二刀流」ではなかった。

 主力のトラウトやアップトンらと同様にサンタクロースの帽子を着用しての撮影も依頼され「時季外れ過ぎじゃないですか」と言いながらも笑顔で納まった。

 キャンプインから別メニューの調整が続き、この日はウエートトレーニングや打撃練習場で汗を流した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース