ソフトB 20日紅白戦に育成の川原、尾形抜てき 起爆剤の期待

[ 2019年2月20日 08:54 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月19日 )

 ソフトバンクが20日に主力のA組で行う紅白戦にB組から育成選手の川原、尾形が抜てきされた。10年目左腕・川原は「力まないように投げたい」と話し、2年目右腕・尾形は「1年間準備していてようやく。マウンド度胸を見てもらいたい」と意気込んだ。

 倉野投手コーチは「試せるときに試したい。戦力としても見てるけど、みんなの起爆剤に、競争心を、という意図もある」と期待を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース